江東区 門前仲町の大腸内視鏡(大腸カメラ)なら 永代クリニック

門前仲町駅より徒歩5分 問診票ダウンロード

江東区 門前仲町の大腸内視鏡(大腸カメラ)なら 永代クリニック

メニューボタン

大腸内視鏡

大腸内視鏡とは

大腸内視鏡(大腸カメラ)のイメージ

大腸内視鏡(大腸カメラ)は、肛門から内視鏡を挿入し、小さなカメラで直腸から盲腸までの炎症、ポリープやがん、潰瘍などの病変を調べるのに使われる検査機器です。他の検査では識別困難だった大腸の色調変化や粘膜面の変化をとらえることができるため、小さなポリープの発見も可能です。また、疑わしい部位が見つかった場合は、生検(ごく小さい組織片を摘まみ出し、顕微鏡などで詳しく調べること)のための組織採取をすることができます。

検査の流れはこちら

こんな症状の際に大腸カメラをお勧めします

大腸カメラで発見される消化器系の病気

大腸カメラは、以下のような疾患の検査・診断に有効です。

検査の手順

検査直前の準備
大腸をきれいにするために、事前にお渡しした下剤を2時間程度かけて数回に分けて飲んでいただきます。
大腸内視鏡検査の流れ
  1. 1. 鎮痙剤、(希望により鎮痛、鎮静剤)を注射します。
  2. 2. 左側を下にしてベッドに横になり、検査が始まります。
  3. 3. 肛門から内視鏡を挿入します。
  4. 4. 医師がモニターに映る腸の内部を戻りながら、隅々まで観察します。
  5. 5. 検査は数十分で終了します。
    ※検査中は、できるだけ体の力を抜き、リラックスしてください。
検査後
1. 検査が終わったらしばらく院内で休んでいただきます。
※検査の際に腸内に空気が入っておなかが張ってくるので、ガスを出してください。
2. 後日、外来にて検査結果をお伝えします。
※ポリープ切除などの治療をしなかった場合、苦痛がなければ飲食は検査終了後から可能です。(おなかが張っているので暫く休んでからの飲食をお勧めします。)
※検査当日のお風呂はシャワー程度にし、車の運転や激しい運動は避けてください。
※検査終了後、気になる症状がある場合は、すぐに医師にご相談ください。

大腸カメラ受診時の注意事項

1.検査の前日
  • ひじき、わかめ、こんにゃく、きのこ類など繊維質の多い食品、またイチゴやキウイなど種子の多い食品は、検査2日前から控えるようにしてください。
  • 夕食は午後9時頃までに、消化の良いものを軽めに摂り、早めに就寝しましょう。
  • 前日には事前の説明にしたがって、下剤等の薬を服用します。
  • 便秘がちな方は問診時に医師にご相談ください。事前の排便コントロールで検査をより効率的に行うことができます。
2.検査当日
  • 検査が終わるまで、水以外の飲食はお控えください。
  • 内服薬については事前の説明し従って内服してください。
  • ご自身で自動車やバイク、自転車などを運転してのご来院は、なさらないでください。
電話番号03-3641-3055